• ねずみ 針金

ドイツ聖夜の「クリストキント」のこと

ついに、クリスマスイブですね。今年は静かなクリスマス。ドイツの聖夜にやってくる「クリストキント」を作ってみました。


ドイツ聖夜の「クリストキント」のこと


日本でクリスマスといえばサンタクロースの訪れが定番ですが、ここミュンヘンを含む南ドイツやオーストリアなどでは「クリストキント」やヴァイナハツマン(いわゆるサンタクロース)がやってきます。


「クリストキント」とは、もともと幼子キリストのことですが、その姿は、金色の巻き髪をした天使のイメージです。たいてい白と金色の衣装を着ていて、頭には金色の冠をかぶっています。


ということで、ドイツの古い手工芸 Wattefiguren 綿人形 で作ってみました!



こんなイメージでしょうか?


背中の羽も、ドイツの手工芸ワイヤー Bouillon ブリヨンで作ってみました。


クリスマスマーケットで有名なニュルンベルグでも、クリストキント役に選ばれた人が、市やクリスマス行事のPRに活躍したりと、南ドイツでは欠かせない存在です。


今夜、子供達はクリストキントのプレゼントを楽しみにしているはず。


あたたかなクリスマスとなりますように。



はりがねずみ。

最新記事

すべて表示