• ねずみ 針金

クロモスでFatschenkindを作りました

2021年1月27日


ドイツ修道院の手工芸Klosterarbeiten(クロスターアルバイテン)のひとつ、Fatschenkindを作りました。


Fatschenkindとは、イエス降誕を飾るもので、赤ちゃんのモチーフを布で巻き、装飾して作ります。


今回は、クロモスの赤ちゃんを使いました。すでにおくるみに、くるまっているので、その上から金色のリボンを巻き、装飾ワイヤー「ブリヨン」を使って飾りました。





コウノトリのクロモスと共に、小さな丸い缶の中におさめ、手のひらサイズで楽しむ飾りです。


はりがねずみ。

最新記事

すべて表示